Pocket
LINEで送る

Core i5 10500Tのスペックや性能情報、さらにおすすめの組み合わせPCパーツ、搭載BTOパソコンを紹介します。

Core i5 10500Tのスペック

メーカーIntel 
型番・モデル名Core i5 10500T
世代第10世代
(Comet Lake-S)
ソケット14nm++
製造プロセスLGA1200
定格クロック2.3GHz
最大ブースト・クロック3.8GHz
アンロック
オーバークロック
×
コア数6
スレッド数12
L2 キャッシュ256KB×6
L3 キャッシュ12MB
内蔵GPUUHD630
内蔵GPUクロック350MHz/1150MHz
メモリータイプDDR4
最大メモリー速度2666MHz
TDP35 W
発売日5/27/2020
発表されたばかりなので発売日はまだわかりません。わかり次第修正予定です。
発売日が2020年5月27日(水)22時発売開始予定だと判明しました。
icon
icon
最大ブースト・クロックが3.8GHzまであるのが特徴ですね。

スポンサードリンク

Core i5 10500Tのスペック比較

同世代の他のモデルや前世代の同じ位置付けのモデルとスペックを比較します。

型番・モデル名Core i7 10700TCore i5 10500Core i5 10500TCore i5 9500T
世代第10世代
(Comet Lake-S)
第10世代
(Comet Lake-S)
第10世代
(Comet Lake-S)
第9世代
(Coffee Lake Refresh-S)
製造プロセス14nm++14nm++14nm++14nm++
ソケットLGA1200LGA1200LGA1200LGA 1151
定格クロック2.0GHz3.1GHz2.3GHz2.2GHz
最大ブースト・クロック4.4GHz/4.5GHz4.5GHz3.8GHz3.7GHz
アンロック××××
コア数8666
スレッド数1612126
L2 キャッシュ256KB×8256KB×6256KB×6256KB×6
L3 キャッシュ16MB12MB12MB9MB
内蔵GPUUHD630UHD630UHD630UHD630
内蔵GPUクロック350MHz/1200MHz350MHz/1150MHz350MHz/1150MHz350MHz/1100MHz
メモリータイプDDR4DDR4DDR4DDR4
最大メモリー速度2933MHz2666MHz2666MHz2666MHz
TDP35 W65 W35 W35 W
発売日5/27/20205/27/20205/27/2020Q2/2019
Core i5 10500Tはデスクトップ向けPC第10世代Core i5シリーズのモデルです。上位シリーズのCore i7 10700Tと比較すると、Core i5 10500Tの方が定格クロックは0.3GHz上回っていますが、最大ブーストクロックは0.7GHz下回っています。
前の世代の同位置モデルCore i5 9500Tと比較すると、Core i5 10500Tの方が定格クロックは0.1GHz、最大ブーストクロックは0.1GHz上回っています。
またスレッド数が12スレッドと、倍になっています。L3キャッシュも増えていますね。

デスクトップ向けPC第10世代Coreプロセッサのラインナップ

他にも多数のモデルがラインナップされていますので、抜粋したスペックをまとめてみました。

型番定格クロック最大ブースト
・クロック
アンロックコア数スレッド数内蔵GPUTDP
Core i9 10900K3.7GHz5.2GHz/5.3GHz1020UHD630125 W
Core i9 10900KF3.7GHz5.2GHz/5.3GHz1020×125 W
Core i9 109002.8GHz5.0GHz/5.1GHz×1020UHD63065 W
Core i9 10900F2.8GHz5.0GHz/5.1GHz×1020×65 W
Core i9 10900T1.9GHz4.5GHz/4.6GHz×1020UHD63035 W
Core i7 10700K3.8GHz5.0GHz/5.1GHz816UHD630125 W
Core i7 10700KF3.8GHz5.0GHz/5.1GHz816×125 W
Core i7 107002.9GHz4.7GHz/4.8GHz×816UHD63065 W
Core i7 10700F2.9GHz4.7GHz/4.8GHz×816×65 W
Core i7 10700T2.0GHz4.4GHz/4.5GHz×816UHD63035 W
Core i5 10600K4.1GHz4.8GHz612UHD630125 W
Core i5 10600KF4.1GHz4.8GHz612×125 W
Core i5 106003.3GHz4.8GHz×612UHD63065 W
Core i5 10600T2.4GHz4.0GHz×612UHD63035 W
Core i5 105003.1GHz4.5GHz×612UHD63065 W
Core i5 10500T2.3GHz3.8GHz×612UHD63035 W
Core i5 104002.9GHz4.3GHz×612UHD63065 W
Core i5 10400F2.9GHz4.3GHz×612×65 W
Core i5 10400T2.0GHz3.6GHz×612UHD63035 W
Core i3 103203.8GHz4.6GHz×48UHD63065 W
Core i3 103003.7GHz4.4GHz×48UHD63065 W
Core i3 10300T3.0GHz3.9GHz×48UHD63035 W
Core i3 101003.6GHz4.3GHz×48UHD63065 W
Core i3 10100T3.0GHz3.8GHz×48UHD63035 W

Core i5 10500Tの性能

スペックを見ても実際にどれぐらいの性能かは分かりにくいので、パフォーマンス情報を調べました。
性能情報cpu-monkeyのページです。
Cinebench等のベンチマークの結果が掲載されています。
その中でCinebench R20 (Single-Core)とCinebench R20 (Multi-Core)の結果をまとめました。
いずれも参考程度にお考え下さい。相対的な性能を知る事で、アップグレードや買い換えの参考になると思います。

Core i5 10500Tのおすすめ組み合わせPCパーツ

Core i5 10500Tを使ってPCを自作する際におすすめのPCパーツを紹介します。マザーボード、メモリ、CPUクーラー、SSD、OS、PCケース、電源ユニットです。
あとは必要ならば光学ドライブを購入すれば自作PCを作れます。是非参考にしてみて下さい。

2020年5月現在、CPUが発売されていませんし、対応チップセット搭載のマザーボード等も発売されていません。発売されたら紹介したいと思います。

Core i5 10500T搭載のBTOパソコン

こちらも発売開始後紹介したいと思います。

Pocket
LINEで送る