AMDの新プラットフォームAM1対応APU「Athlon」「Sempron」が発売開始 Kabiniのソケット版

Pocket
LINEで送る

AM1プラットフォーム対応APU「Athlon」「Sempron」はAMDが2014年4月9日に発表/発売した新しいAPUです。AM1プラットフォーム自体は2014年3月5日に発表済みです。
AthlonとSempronブランドが復活したことで注目を集めているAM1対応APUについてまとめてみました。

スポンサードリンク

AthlonとSempronが復活

AMDのCPUブランド「Athlon」と「Sempron」が今回APUブランドとして復活しました。

amd-athlonamd-sempron
http://www.amd.com/ja-jp/products/processors/desktop/athlon
http://www.amd.com/ja-jp/products/processors/desktop/sempron

AthlonとSempronの歴史

Athlonは1999年8月に、Sempronは2004年8月に初登場しました。ハイエンド~メインストリーム向けのAthlon、バリュー向けのSempronとして活躍していましたが、Athlonは2011年9月発売のAthlon II X4 631が、Sempronは2012年6月発売のSempron X2 190が登場して以来、新製品が登場することなく、実質的にブランドが終了していました。
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20140409_642649.html
それが今回、APUとして復活したので、AMD製CPUを使っていた方には朗報ですね。

AM1プラットフォームの特徴

  • 既にBGAタイプ(Socket FT3)で登場しているKabiniをデスクトップ向けのソケットタイプ(Socket AM1)に変更
  • CPUコアはPlayStation 4などにも採用されている「Jaguar」コアを採用
  • GPUコアはGCNアーキテクチャを採用し、Radeon R3とブランドされています
  • DirectX 11.2やOpenGL 4.3などの最新APIをサポート
  • 通常はマザーボードに搭載されているI/O機能などを担うFCH(チップセット)がAPUに内蔵されています
  • メモリコントローラはシングルチャンネルの最大DDR3-1600に対応
  • インターフェイスはUSB 3.0×2、USB 2.0×8、PCI Express x4、DisplayPort、HDMI、ミニD-Sub15ピン、SATA 6Gbps×2など
  • AMDが想定している競合相手はIntelのタブレット向けCPU「Bay Trail-D」

CPUクーラーについて

AM1プラットフォームではCPUクーラーの固定方法が変更されています。
従来はリテンションモジュールへフックで固定していましたが、マザーボードに2つのホールを設けて、プッシュピンで固定に変更されました。リテンションが無くなったことで、ソケット周辺がすっきりします。
ちなみにIntelは4つのホールでのプッシュピン留めです。
今回発売されたAPUにはすべて、5cmファン搭載のCPUクーラーが付属しています。製造元はCooler Master、Foxconn、AVCの3社です。

AM1対応APUラインナップ

Athlon 5350 税込6,674円 Athlon 5150 税込5,702円
Sempron 3850 税込4,298円 Sempron 2650 税込3,758円

現在4モデルが発売されています。現時点では不明ですが、今後ラインナップが増える可能性も?
それと、モデル名の命名規則が現時点ではあまりよくわかりません。

AM1対応APUのスペック比較表

モデル名
CPUコア数4442
動作クロック2.05GHz1.6GHz1.3GHz1.45GHz
GPUブランドRadeon R3Radeon R3Radeon R3Radeon R3
SP数128128128128
GPUクロック600MHz600MHz450MHz400MHz
対応メモリクロック1,600MHz1,600MHz1,600MHz1,333MHz
キャッシュ容量2MB2MB2MB1MB
TDP25W25W25W25W
価格6,180円5,280円3,980円3,480円
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/news/20140409_643358.html

Sempron 3850とSempron 2650で価格差が500円しかないので、2コアのSempron 2650を選ぶ人は少ないのではないかと思います。

AM1対応マザーボードも続々登場

APUの発売と同時に対応マザーボードも各マザーボードメーカーから発売開始されています。対応マザーボードについては違うページでまとめる予定です。現時点で既に発表済みの対応マザーボードをご紹介します。

  • ASRockがMicroATXの「AM1B-M」、Mini-ITXの「AM1H-ITX」「AM1B-ITX」の3モデル
  • ASUSがMicroATXの「AM1M-A」とMini-ITXの「AM1I-A」の2モデル
  • BIOSTARがMicroATXの「AM1MHP」「AM1MH」「AM1ML」の3モデル
  • GIGABYTEがMicroATXの「GA-AM1M-S2P」「GA-AM1M-S2H」の2モデル
  • MSIがMini-ITXの「AM1I」の1モデル

マザーボードの価格については、チップセットがAPUに内蔵していて、マザーボードには非搭載なので、今までより安価になるとされてきました。
実際に4,000円台からのモデルも登場していて、APUとセットで購入しても1万円を下回る状況です。
各マザーボードの詳細については、AM1対応マザーボードをまとめたページを作成したので、そちらの方をご覧になって下さい。
Socket AM1対応マザーボードをまとめました 新Athlon/Sempronに対応したマザーボードが続々登場

AM1対応APU搭載デスクトップBTO

現時点ではまだ発売されていませんが、登場したら追記する予定です。
ストームとフェイスから発売されました。

AM1対応APU搭載BTOパソコン
フェイスPASSANT Mx A53AAM1 KBN ¥51,624 (税込)
icon
PASSANT Mx S38AAM1 KBN ¥48,384 (税込)
icon
CPUAMD Athlon 5350AMD Sempron 3850
マザーボードAM1M-AAM1M-A
ビデオカードCPU内蔵グラフィックCPU内蔵グラフィック
メモリ4GB DDR3-16004GB DDR3-1600
SSD--
HDD500GB HDD500GB HDD
ストームStorm Book Tower AM1
販売価格(税込): 38,880 円 by ストーム
CPUAMD Athlon 5350
マザーボードAM1M-A MicroATX
ビデオカードCPU内蔵グラフィック
メモリ4GB DDR3-1600
SSD-
HDD500GB HDD
Pocket
LINEで送る

スポーンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>