中古パソコンのメリットとデメリットについて 中古パソコンを購入する時の注意点

Pocket
LINEで送る

パソコンを購入する時に「中古」というのは選択肢に入りますか?
デスクトップパソコンやノートパソコン、タブレットやスマートフォンなど、様々なものの中古品が販売されています。
前回、知り合いのノートパソコンを購入する際も中古品にするか迷いました。その際はデメリットの方が大きいと感じたので、選択肢から外しましたが、そもそも「中古パソコン」のメリットとデメリットって何だろうと疑問に思ったので、今回は中古パソコンのメリットとデメリットについて考えてみました。メリットとデメリットが分かっていれば、中古パソコンを買っても失敗しないと思います。個人的な見解ですが、パソコンを購入する際に参考にしていただければ良いかと思っています。

スポンサードリンク

中古パソコンのメリット

私が思う中古パソコンのメリットをまとめます。

新品より安い

これが中古パソコンの最大の魅力ですね。新品と中古の両方を販売しているソフマップでWindows 7搭載デスクトップパソコンを見てみると、新品が約5万円からに対して、中古の場合は約2万円で購入できます。
もちろん性能も発売時期も違いますし、一概に安いとは言えないのですが、新品は約2万円では購入はできないでしょう。
ショップBTOパソコンでも比較したいので、中古パソコンも取り扱っているドスパラで同じくWindows 7搭載デスクトップパソコンを見てみると、新品が約4万円からに対して、中古の場合は約1.5万円で購入できます。
ソフマップ・ドットコム

自作erなら部品取りに

パソコンの内部をいじれる人なら、中古パソコンをカスタマイズしたり、部品取りをして活用するという方法もあります。
新品のパソコンの内部を触るのが怖い人でも、中古の安いパソコンだったらそこまで気にせず触れるんじゃないでしょうか。それでパソコンに関するスキルアップもできますし、自作erへの導入としては最適化もしれませんね。中古パソコンを一度ばらして組み直したら、パソコン内部の仕組みがわかるのでおすすめです。

2台目のPCに最適

パソコンって2台持っていた方が色々役に立ちます。パソコンが1台の場合は、パソコンが壊れた時にその対処方を調べようとしても無理ですし(スマホやタブレットがありますけど)、修理や新しいパソコンを購入するとしても、その間はパソコンが使えない状態になりますが、そんな時に2台目のパソコンがあったら大丈夫です。バックアップ用として使えますね。
さらにネットワーク共有などを使ったりしたら、よりパソコンを活用できる環境が構築できます。複数の人が同時にパソコンが使えますしね。
でも2台も新品パソコンを購入するには結構お金がかかります。なのでそんな時に中古パソコンは良いと思います。

中古パソコンのデメリット

メリットを色々紹介しましたが、デメリットも多くありますのでまとめます。

キズや汚れがある

これは誰かが使ったパソコンなので当たり前ですが、キズや汚れがあります。特にノートパソコンの場合は直接触れる部分が多いので顕著だと思います。
デスクトップパソコンの場合は筐体に触る頻度が低いと思いますが、それでも経年劣化します。まあ見た目の事なので、気にしない人にとってはデメリットではないかもしれません。

故障のリスクが高い

パソコンというのは機械なので、使えば使うほど故障に近づきます。なので中古の場合は既に使用されているので、初めから故障のリスクが高いと言えます。
特にハードディスクは私は消耗品だと思っているので、長時間使えば使うほど壊れる可能性が高くなると思っています。中古品を購入するなら故障のリスクを知った上でご購入下さい。

保証が短い

新品の場合はメーカーやショップの保証が最低でも1年以上あると思いますが、中古パソコンの保証は短い事がほとんどです。保証が無い場合もあるかもしれません。
ソフマップなどは長期保証を別料金払うことで付けられたりもします。

欠品があったりする

売った人が購入した時に付いていたマニュアルなどを全て保存していてる人ならいいのですが、そんな人は多くないと思うので、中古パソコンは付属品が揃っていなかったりします。なので中古パソコンを購入する際は付属品をチェックして下さい。

中古ノートパソコンのデメリット

ノートパソコンって液晶と本体が一体化されていますよね。本体と液晶のどちらかが故障してしまったら使えなくなってしまうということで、中古の場合はリスクが2倍になると思っています。これは一体型のデスクトップパソコンも同様です。
なのでノートパソコンと液晶一体型パソコンは特に中古はやめておいた方がいいのではないかと思います。

新古品やリファビッシュ品というのもあります

最初に中古品に注目しましたが、実は中古以外にも新品以外のパソコンってあるんです。知っておけば得するかもしれません。

新古品

新古品とは未開封・未使用の状態の製品です。在庫で残っていて、新製品が発売されて型落ちしてしまった製品など。他にもショップが未使用で買い取って販売しているものも新古品と言われています。
アウトレットパソコンとして販売されているものもこういった新古品という場合が多いですが、アウトレットの場合は返品されたものを検査して再販しているものもあるので、アウトレット=新古品というわけではありません。
新古品は状態が新品と同じながら、価格は新品に比べて1~2割安いのですごくお得だと思います。ただその反面、中古品と同じく保証が短かったり、返品が不可能だったりしますので、ご注意下さい。

リファビッシュ品

最近よく耳にする機会が多くなったのがこの「リファビッシュ」です。リファービッシュと呼ばれたり、メーカー再生品とも呼ばれています。
初期不良などでメーカーに返品されたパソコンが修理や整備されて再出荷されて販売されているのがリファビッシュ品です。一度出荷されたり、販売されているので中古品に分類されますが、メーカーが整備されているので一般の中古品とは区別して販売されています。
リファビッシュ品のメリットは通常の中古品にはついていないメーカー保証が付いている事です。新品よりは短いことがほとんどですが、普通の中古品では絶対に付かないメーカー保証が付いているので安心ですね。
しかもリファビッシュ品は基本的に初期不良品がベースなので、ほぼ新品の状態です。こちらも新古品と同じく新品の1~2割引で販売されています。
もし新品以外で購入したいのならこのリファビッシュ品が一番おすすめです。

リースアップ品は注意

同じくメーカー再生品としてリースアップというものがあります。これは企業にリースしていたパソコンをメーカーが整備して再販売されているモノです。
同じメーカー再生品でもリファビッシュ品とは全然状態が違うので注意が必要です。リースアップ品は古いモデルが多いですし、使い込まれているので、普通の中古よりも状態が悪い場合もあります。ただリースアップ品はすごく安いです。なんでもいいから使えればいいという方は検討するのもありかもしれませんね。

Appleの整備済製品

Appleもリファビッシュ品を「整備済み製品」として販売しています。新品と同様に1年間の特別保証が付いていますし、こちらも1~2割引きで販売されています。これはすごくお得だと思います。

自作erなら中古パソコンもありかも

パソコンに詳しい人なら中古パソコンを購入しても全然大丈夫だと思いますが、初めてパソコンを買う人には中古パソコンはおすすめできません。
自分でパーツの交換などができたり、故障したときに対処できる人にとっては中古パソコンはありかも、と思っています。2台目として中古パソコンを購入して、色々試して是非自作PCの世界へ来て下さい!
リファビッシュ品だったら初めてパソコンを買う人にもおすすめできます。特にAppleの整備済み製品はAppleが品質を認定していて、新品同様の保証も付けてくれるので安心ですね。
中古パソコンにも色々な種類があるのをお伝えしたかったのですが、改めて調べてみて私も勉強になりました。

Pocket
LINEで送る

スポーンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>