about

Pocket
LINEで送る

自作PCに出会ったのは今から約8年前です。

それまではメーカー製パソコンを使っていましたが、ある時ネットサーフィンをしているとショップBTOを発見しました。
今では当たり前のようにメーカーPCでもカスタマイズができたりしますが、その当時は固定のスペックしか買えないと思っていました。
パーツ構成をカスタマイズできるBTOパソコンというのに衝撃を受けて、その当時知識がないまま、結構適当にパーツを選んでBTOパソコンを買いました!
その時買ったパソコンはケースがNZXT製でマザーボードはASUSのP5E、CPUはE8400だったと記憶しています。
最初はそのBTOパソコンに満足してゲームなどをプレイしていたのですが、少しずつ色々なところで不満が・・・
BTOパソコンを購入してから、少しずつ自作PCのジャンルについてネットなどで調べるようになっていたので、
自分でパーツなどを追加したり、交換したりしてみようと決意し、ネットや書籍で勉強するように。
この時はほぼ知識がなかったので、やることが全て恐る恐るだったのを覚えています。
最初はメモリを追加、次にビデオカード交換、さらにはCPUクーラー交換など、少しずつ体感しながら勉強しました!
ついにケースを交換できるようになった時には、「よし、自分でPCを組んでみよう!」と思いました。
それが約7年前です。
その時に比べたら、自作PCのジャンルに関しては少しはやれるようになったと自負しています。
自作PCに出会った当時、様々な自作PCに関するブログやサイトに助けられました。(今でも助けられていますが)
そこで、私と同じように自作PCに興味を持った方のために、自作PCに関するサイトを作ろうと決意し、このサイトを作成しました!
自作PCの基本はほぼ昔から変わっていないと思いますが、毎年新しい規格などが登場して、自作PCに疎い方には取っ付きにくい世界だと思います。
そんな突っ込みにくい世界を少しでもわかりやすいようにみなさんにお届けしたいです。
また、自作PCは使うパーツによって様々な種類があるので、一方的な情報発信だけでなく、
閲覧してくださるみなさん同士の情報交換などの場所にも使って欲しいです。
私も勉強しながら、このサイトをどんどん良くしていきたいと思っていますので、よろしくお願いします。
自作PCが大好きなので、同じように自作PCを愛する自作erの方は是非コメントやTwitterなどで絡んでください!
Pocket
LINEで送る

スポーンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>